FC2ブログ

記事一覧

爆速ズームレンズ、CanonのEF70-300mm F4-5.6 IS II USMは本当にコスパ最強なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

sam46.jpg 

高速AFで噂のキヤノン純正ズームレンズ、EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを購入しました。
"コスパ最強"と名高く、最強の運動会レンズ、爆速レンズ、隠れLレンズなどと言われる
その実力やいかに!?




海外に10日間ほど一人旅に行く予定があったので、
せっかくならいい写真撮りたい!と思って、旅行で金を吹き飛ばす直前にレンズで金を吹き飛ばしました。
愚かなり。



買った決め手は?


私のカメラはキヤノンのEOS60DというAPS-C機なのですが、
ゆくゆくフルサイズを持つ夢があるので、新しく買うレンズは出来ればフルサイズ対応のものにしていきたい...というのと、
今持ってるズームレンズが父譲りの古レンズだったので、この際強化したいと思った次第です。

そんな中、そこまで高くないのに「隠れLレンズ」「最強の運動会レンズ」「爆速レンズ」等の口コミがどんどん溢れてくる異様なレンズを見つけたのです。

それがこいつでした。
お店で試して、爆速で買いました。


  • 画角(水平・垂直・対角線) 29°~6°50'・19°30'~4°35'・34°~8°15'
  • レンズ構成:12群17枚
  • 絞り羽根枚数:9枚
  • 最小絞り:32~45
  • 最短撮影距離:1.2m
  • 最大撮影倍率:0.25倍(300mm時)
  • フィルター径:67mm
  • 最大径×長さ:φ80mm×145.5mm
  • 質量:約710g

キヤノンの公式サイトからの引用です。
重量はズームレンズの宿命ですかね。
重いですが、「まあもっと重いレンズもあるし...」と考えて前向きに生きましょう。

IMG_9942-2.jpg 

IMG_9946-2.jpg


噂のフォーカス性能はどう?


肝心のフォーカスに関わる部分ですが、
USMを小型化したナノUSMという超音波モーターを搭載しています。
これが高トルク・ハイスピードというスグレモノらしく、超高速のAFを実現しています。


キヤノンのナノUSMというと、80Dあたりのレンズキットを買うと付いてくるAPS-C用のEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USMでも爆速というレビューをちらほらと見かけましたね。
レンズキットの標準レンズと言うこともあって、よく家電量販店でも目にしますが、確かにあれも速かった。



EF70-300mm F4-5.6 IS II USMにおいてもこのスピードは健在で、
分かりやすく言うとピントが合うまでの過程を感じさせません。
目標をセンターに入れてスイッチするとピントが合った、という感じ。
「ジジジジ、ガーーー」とかいって悩みながら
ピントを合わせるポンコツ感が一切ありません。
AIフォーカスにすればひゅんひゅんと瞬く間にAFで追い続けてくれるので、ガッツリ動体に使えます。

描写やボケは?


正直、明確な言葉で描写力をお伝え出来るほど目が肥えてないですし、
そんないいレンズも使って来なかったですが、
きっちりシャープに写し取ってくれていて、ボケ方も良好だと思います。

IMG_0010.jpg 

背景を思い切りボカすとこんな感じ。
自然でキレイに仕上がっているかと個人的には思ってる

IMG_0011.jpg 

遠くからズームで寄った一枚。
きっちり細部と色の変化まで写し取れています。


色々デジタル表示してくれる


このレンズ、ちょっと変わったところがありまして、
焦点距離やピント距離、手ぶれ量をレンズ側のディスプレイでデジタル表示することができます。


1_20180811174436e8c.jpg 

焦点距離を表示。レンズ本体にもフルサイズ用のメモリが付いていますが、
APS-C機に装着すると35mm換算で数値を表示してくれる。

2_20180811174438a45.jpg

左のMODEボタンを押すと表示が切り替わります。
この画面では手ぶれ量を測ることが出来ます。
正直撮りながら覗くことなんてないし、三脚立てながら見るのか?
どう使うことを意図して生まれた機能なのかこれは私にはよく分からない汗

3_2018081117443996a.jpg

ピント距離、被写界深度も別の画面で見ることができます。
正直3つとも対して使わないんですけどね。
もしバックライトが付いていれば、夜間のピント合わせに使える場面があったかもしれないと
想像を膨らませることが出来ましたが、残念ながらバックライトは付いていません。
一点、APS-C換算で数値を表示してくれるのは気の利いた部分だと思います。
あまり重要視するほどの機能ではありませんが、面白いのでご参考までに。



個人的には、かなり買ってよかったと思っています。高コスパだと思います。
まずお値段が手ごろなこと。
フルサイズ用の望遠レンズなんて、カタログを見ていると10万円以上の金額がわらわらと並んでおり、
とても辛い気持ちになってくるのが通例ですが、
こちらは現在5万円を割っています。

そうなると安かろう、悪かろうを覚悟するのですが、
私にとってはこれといった不満が出ないレンズでした。
より良いものはあるんだろうけど、このレンズのここが悪い!
と際立ってイラつく部分は現状特にありません。
あ、でもデジタル表示の必要性はよく分かんない汗

特に満足している点はやはり噂通りフォーカスが速い。
生き物の撮影やスポーツ、特に評判の通り運動会では大活躍すること間違いなしです。
知らなかったCanonユーザーの方は一度ご検討されてみては如何でしょう?


ではでは!



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグクラウド

スポンサードリンク