FC2ブログ

記事一覧

インスタ映え!超簡単・水晶玉越しの地平線写真の撮り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

45sam.jpg 

最近SNSでよく見る水晶玉越しの写真。
今回は王道でもある地平線を撮ります。水晶玉ってどこで買うの?
という疑問にもお答えしますよ!



水晶玉を風景にかざして、その中に映り込む光景を撮る撮影技法のようなものです。
お手軽に一味違う写真が撮れるので、カメラ初心者さんでも挑戦しやすく、自然と注目が集まることから近頃流行っているように思います。
手っ取り早くインスタグラムやツイッター等でいいねを増やせる手段!と言っても過言ではない位ウケが良いのは確かです。


「水晶玉」「ビー玉」「ガラス玉」等の検索ワードで来てくださる方もいるようですが、
一般的にはアクリルボールを使う方が多いようです。
私もアクリルボールを使っています。
「そんなもん何処で売ってるんだよ!?」と思うかもしれませんが、安くてちょうど良いものがあり、
選び方にもポイントがあるので、当記事の後半で紹介しているリンクをお伝えしますね。



作例


IMG_4657.jpg 

淡路島の浜辺で撮影しました。夕暮れ時に撮影しましたが、真っ青な昼間に撮っても面白いかもしれませんね。

背景にぼんやりとした地平線が写り込んでいて、水晶玉の中にひっくり返った地平線が見えるように撮ります。
イルミネーションを水晶玉越しに撮ったときもご紹介しましたが、こちらでも改めて撮り方を。


用意するもの

特に技術も知識も要しません。
まずは水晶玉を用意します。(購入については後ほど。)
レンズは標準レンズ...というか手元にピントを合わせられるレンズなら何でもいいかと思います。


持つ手は優しくふんわりと

カメラの前で水晶玉を優しく持って(指に力が入るとダサいので注意‼)、ピントを合わせて撮ります。
必ず写り込む指も作品の一部になるので気を抜かないように!


ピントは水晶玉の中に

以前、イルミネーション×水晶玉で遊んだ時は
周りが暗く、電球の粒をひとつひとつ写し取った方がキレイだったことから、
水晶玉の中の風景にピントを合わせることを推奨しましたが、今回は私も悩んでます。

最終的に今回の作例では玉の中の風景は若干ぼやけさせて、
水晶玉の輪郭にピントを合わせることにしました。そして、中の風景も少しぼかしています。
なんか、雰囲気でるかなって、思って、、どう。。かな??(照)

尚、少し離し目でF値を絞り込むと輪郭と中の風景両方にピントを合わせることも可能なので、
皆さんのお好みに任せて方がいいかもしれない。。。
特にこうしないとダメ!というのはありませんよ!


作例通りにやるなら直線に

今回の作例の通りに撮るのであれば、
背景の地平線と水晶玉の中の地平線がぴったり一直線に重なるようにしましょう。
ただ、これに正解は無いので、アイデア次第で色んな構図があり得ると思います。
色々試してみると面白いですよ!

IMG_4641.jpg 

少しずらして太陽を2つにするのも面白かったです。

IMG_4635.jpg 

普通に夕日を撮る時と同様、
空の色合いが少し変わるだけでだいぶ印象の違う写真が出来ます。
日が沈んでいく時間帯は時間が進むごとに写真を撮っていくと
色々なパターンで撮れるかもしれません。



過去に紹介した記事があるので、そちらが詳しいですが、
コンタクトジャグリング用のアクリルボールがわりと安くて品質も良いのでおすすめです。
中でもUVクリア等と名前に付いているものが透明度が高く、キレイな映り込みが狙えます。

普通にアマゾンで売っていますが、
そのへんのお店ではなかなか見つけるのに苦労するかと思います。
下記にアマゾンリンクを貼っておきますが、この辺がアマゾンから買える中では王道かな〜と思います。
サイズごとに細かくラインナップがありますが、私の持っているものが直径76mm
軽く持てることを考慮すると70mmもオススメです。


  


ちなみに、以下の記事内でも選び方や撮り方について触れています。
ご参考に。



以上、水晶玉を通して海の地平線を撮るテクニックでした。
カメラ初心者でも道具さえあれば簡単にチャレンジ出来るので、是非是非真似してみてくださいね!


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグクラウド

スポンサードリンク