FC2ブログ

記事一覧

SNSでよく見る『プレゼントアカウント』って本当?試しに釣られてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

yuseiIMGL2380_TP_V4.jpg

メリークリスマス!ツイッターやインスタグラムを利用している方、
『プレゼントアカウント』というものを見たことないでしょうか?
「いいねとリツイートすれば抽選でカメラをプレゼント!」みたいなやつ。
本当に貰えるの?応募したらどうなるの?気になるので釣られてみましょう。




プレゼントアカウントとは・・・
企業でもなければYoutuberやブログ主のような情報発信者でもなさそうな人が、
SNS上で「プレゼント企画やりま~す!」等と言って、
いいねやリツイート、専用LINE@の友達登録を応募条件として、
高額商品のプレゼント企画をしているアカウントです。


40-2sss.jpg



これはツイッターに投稿されたプレゼント企画。
EOS8000D、いいですね。
私の持っている通称「二桁Dシリーズ」の60Dに対してワンランク安価なラインナップになりますが、
二世代の時を経て、60Dと8000Dだと全体的に8000Dの方がスペック的に圧勝してます。
つまり、どういうことかと言うと、
欲しい!!!



この手のアカウントは巷で「詐欺アカウント」とも呼ばれておりまして、
その通り、もちろん釣りです。
こんなの、本当にプレゼントしていると思えません。気を付けてください。


・・・と言っても、「本当にプレゼントしてるかもしれないじゃん!」と望みを捨てきれない方へ。
考えてみて下さい。
このプレゼントアカウントにも勿論アカウントの持ち主がいるワケですが、
その人(=運営者)にとって、このプレゼント企画を実施するメリットは何でしょうか?
まさか慈善活動やボランティアではありませんから、
カメラをあげちゃってもお釣りがくる位の利益が無いとこんな企画出来るはずがありません。
それがビジネスっちゅうもんです。



例えばYoutuberならチャンネル登録を条件にして、
視聴者を増やすためのキッカケとしてプレゼント企画を実施するでしょう。
(実際にはプレゼントしていない詐欺師もいましたが)
企業なら応募者にその後ダイレクトメールを送り付けるためにプレゼント企画をすることもあれば、
商品の周知をはかる為にプレゼント企画を行う場合もあるでしょう。


ですが、今回のようなプレゼントアカウントはどのように商売しているのでしょうか?
運営者側に立って考えると怪しさが分かると思います。
本記事をアップしている本日はクリスマスですが、
悲しいかな、ネット上にサンタさんはいないのだ。





釣られアカウントを作る


プレゼントするだけのアカウントじゃ、運営者にメリットが無いから釣りに決まってる!
とは思うのですが、彼らは実際何のためにプレゼントアカウントを運営しているのでしょうか?
集めた個人情報でも売るのかな?と思っていましたが、
試しに釣られてみると、その後の展開と彼らの目的がよーく分かりました。


ということで、新しいツイッターアカウントを作りました。
リツイートする必要があるので、既存のアカウントで釣られようとすると
フォロワーの方々に迷惑がかかるので、わざわざ釣られ用のアカウントを新調しました。


アカウント名は・・・プレゼントアカウント運営者に
「こいつバカっぽいし、いかにも釣れそうだぞ!」と思わせて期待感を煽るようなネーミングがいいですね。
精神年齢の低さをアピールするように下ネタにまみれた名前にして、
おまけに名前を「卍」で囲めば・・・


40.jpg


ほら、ツイッターの上位1%に食い込めそうなおバカアカウントの完成です!
推定年齢14歳、知能レベルはおそらく、
中間テストの成績では5科目合計でも100点に届かない感じでしょう。


プレゼントアカウントから返事が来た


これで色んなアカウントのプレゼント企画の投稿をいいね&リツイートして、
いくつか応募していきます。
すると、ひとつのプレゼントアカウントから反応がありました。


40-5.jpg


なんと!
応募条件は「RT & フォロー」だけだと書いてあったのに、なんか条件付けてきた!
残念ながらこの後登録するサイト一覧を送って貰えなかったのですが・・・、
まあ、これで納得ですね。


これは!アフィリエイトだ!


ブログをやっている私にとっては馴染み深い、
ASPのアフィリエイト案件でしょう。
専用アドレスを通して視聴者や閲覧者がリンク先に移動し、
そのwebサイト上で会員登録や購買など、指定の行動をとった場合に、
案件成約となり、広告主から掲載者に広告料が報酬として支払われるやつです。


ウマいことこの広告料を得るために発明された手法がこの「プレゼントアカウント」なのでしょう。
実際に従えばプレゼントしてくれるのかな?と期待するのもやめといた方がいいです。
結構な応募が集まったとしても、皆が欲しがるような高額商品をぽーんとあげちゃえば、
利益が減るどころか、赤字ですからね。
カメラ一台を余裕であげられる程効率よく儲からないですし。
そんなことするなら「詐欺アカウント!」と罵られながら、
人を集めては新しくアカウントを作り・・・
とプレゼントなどせずに逃げ回った方が金儲けとしてはよっぽど効率的です。



世の中、ウマいだけの話ってそうそう無いですよね・・・
私も常日頃、突拍子もなく大金が手に入らないかな~と妄想していますが、
そんなウマい話ありません。


同様に、2クリックだけで競争率が極端に低い中、カメラが当たるようなウマい話もありません。
我々カメラ趣味の人間は贅沢に機材を揃えようと思うと金がいくらあっても足りませんし、
カメラ好きはまぁ~~~物欲が強いですからね!
ふと釣られてしまわないように気を付けましょう。


例外として、日頃の付き合いに感謝して、
ささやかなプレゼント企画を個人的にされている方は存在するので、
その方々まで詐欺師呼ばわりしてしまわないように気を付けましょう・・・!


あとは・・・、釣られちゃった人を罵倒しすぎるのもやめましょう・・・(汗
応募の手軽さ故の、ちょっとした好奇心による間違いじゃあないですか。
だから、わざわざタイムライン上でケンカしないで下さいね。
何も言わないけど私は見てますよ<●><●>

ではでは!



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグクラウド

スポンサードリンク