FC2ブログ

記事一覧

今流行りの水晶玉越しの写真の撮り方&水晶玉の入手先!

このエントリーをはてなブックマークに追加

37sam.jpg

最近SNSでよく見るようになった水晶玉越しの写真。
特にイルミネーションに対して絶大な破壊力とオシャレ感を誇る作品作りの手法ですが、
どうやって撮るのか?そもそも水晶玉はどこで手に入るの?
そういった疑問にお答えしたいと思います。




IMG_7787.jpg

IMG_7800.jpg

前回の記事でも紹介した、神戸ルミナリエに行ってきた時の写真です。
今回はこの写真の撮り方・・・といってもさほど難しいことはないです。
どちらかというと水晶玉って、どこでどんなサイズのもの買えばいいの?っていう話です。

こちらもご参考に。



色んな水晶玉がある、悩む


私が使っているのは厳密には水晶玉ではありません。
一点の曇りも模様もない真っ透明な本物の水晶玉を用意するとなると、
お金が吹き飛びます。あるのかも知りません。
今回使うのはアクリルボールです。

サイズは人により使用しているものは様々みたいですね。
ビー玉サイズから手のひらサイズまでが妥当でしょう。
ビー玉サイズなら、いっそそのままビー玉で結構です。
親指と人差し指でつまんで持てるサイズを越えてしまうと、
余裕をもって持てないので写真映えしない可能性があります。




さて、そんないい感じのサイズ感の水晶玉(アクリルボール)、
どこで買えばいいの!と思うでしょう。
正直、「水晶玉」で検索すれば通販サイトが山ほど出てきます。
ただ、注意してください。
パワーストーンとして売られているものはかなり小さく高いです。
これなら透明のビー玉で十分です。
占い用の水晶玉として売られているものは、大きさは十分ですが、
価格がうさんくさい位高かったりします。
あとは、うっすら模様が入っていたり色がついていたり、まれに罠があります。

IMG_7824.jpg

オススメはコンタクトジャグリング用ボール


そこで、私がオススメしているのはコンタクトジャグリング用の水晶玉です。
実は私、大学の頃ひょんなことから少しやっていたので、買わずとも既に持っていたのですが、
コンタクトジャグリング用のボールはかなり出来が良いです。
ラインナップによってはステージ用に透明度を極限まで高めたものもあります。
そして、価格がうさんくさくありません。どれも千円台で購入できます。


「オリジナルクリア」「UVクリア」と名のついている商品は特に透明度の高い仕上がりになっています。
私の持っている水晶玉はオリジナルクリアではありませんが、まあ十分透明感はあります。
ただ、オリジナルクリアのボールと並べると、「透明ってまじで透明なんだ!」
と改めて感じさせられる程度の差があります。
ちなみに、さほど価格に大差はありません。
写真用途なら特にケチらずにオリジナルクリア・UVクリア製品を選ぶのが良いと思います。


私が持っているこれでサイズは直径76mmです。
手のポーズや角度によっては意識しないと優しく持てないので、
もう少し小さくして軽量化をはかるのもアリかもしれない。
以下に参考のアマゾンリンクを貼っておきましょう。









IMG_7796.jpg

こんな感じに指に力が入ってるのがバレてしまうとダサい写真になりますので、
余裕で持てるに越したことはありません。
となると、70mcm位でもいいかもですね。


撮り方というほど大層な技術はありませんが・・・
水晶玉をかざして撮るだけです。
カメラ・水晶玉・被写体の位置関係によって見映えが大きく変わるので、
背景もしっかりキレイに写り込んでいて、水晶玉の中の写り込みもバッチリなポイントを探しましょう。

位置が決まったらピントを合わせます。
このとき、基本的には水晶玉の中に写り混んでいる被写体にピントを合わせるようにしましょう。
IMG_7792.jpg 

この写真は水晶玉の輪郭にピントを合わせたせいで中に写り込んだ風景がボケてしまった例です。
少しパッとしない印象になってしまいました。
輪郭をハッキリさせつつ、中の風景にもピントを合わせたい場合は、
少しだけ水晶玉をレンズから離して持ち、絞りを絞り込んでいくと撮りやすくなります。
場合により、輪郭がボケている方が雰囲気が出る場合もあるので、
そこは現場と被写体を見て各々判断するのが良さそうです。
※2018/07/22追記
参考までに、こちらの記事では被写体を地平線に沈む夕日に変えて撮っています。
あえて水晶玉の中の風景を少しボカした作例も紹介しています。


危うくジャグリングブログになりかけましたが、耐えました。
うさんくさい水晶玉を高値で買うなら、コンタクトジャグリングのボールを買うことをオススメします。
数あるジャグリング種目の中でもコンタクトジャグリングというのは特に見映えを気にする
種目なので、それに使われるものとあれば品質は保証出来ます。

撮り方は特別な設定・技術は必要ありません。
持ってさえいれば誰でも楽しめる遊び方のひとつだと思います。
また、イルミネーションに限らず、昼間の風景をバックに撮っても面白い写真に仕上がります。
そんでついでにコンタクトジャグリングもやってみればいいんだよ。
それでは。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグクラウド

スポンサードリンク