FC2ブログ

記事一覧

キヤノンフォトサークルに加入して3ヶ月、毎月楽しみが増えた話

このエントリーをはてなブックマークに追加

5d0I9A3653_TP_V4.jpg

キヤノンフォトサークルってご存知ですか?年会費5,400円でナイスな会報誌や修理の割引・抽選で最新製品のモニターなどなど・・・様々なサービスを受けられると私の中で評判のサービスです。



キヤノンフォトサークルって何?

この前、大阪は中之島のキヤノンプラザ大阪でセンサーのクリーニングに行って、お会計時の話です。
店員さんから「カメラ雑誌とか読みます?」と聞かれました。(実はこの時既に営業トークが始まっていたことを、その時の私は知らない)
フォトコン・・フォトテクニック・・・アサヒカメラ・・・・CAPA・・・・カメラマン・・・・・・日本カメラ・・・・・・・・
言い出したらキリがない!とにかく本屋さんでカメラ雑誌コーナーで毎月カメラ雑誌を物色しては、
気に入った雑誌を買って帰る習性がある私は「はい!!!!」・・・即答しましたよ!


すると店員さん、少し二ヤッとして言いました
年会費5,400円で毎月キヤノンの写真雑誌届けますよ。12ヶ月で割ると、450円です。安いでしょう。」
おっ、おっ・・・おっ・・・・・まじか・・・・
その後も色々教えてもらって、その場で衝動入会しました。
別にキヤノンの回し者では無いですが、思いのほか満足しているので今回は詳細をお伝えしますよ!

フォトコン 2017年 12 月号 [雑誌]

新品価格
¥1,296から
(2017/11/24 02:36時点)



アサヒカメラ 2017年 12月号【特別付録】岩合光昭カレンダー「猫にまた旅2018」 [雑誌]

新品価格
¥980から
(2017/11/24 02:37時点)




毎月届く会報誌ってどんなの?

大体毎月110ページ位の雑誌が届きます。
分量としては月間の一般カメラ雑誌の方が2倍以上あります。


DSC_0597.jpg



画像はキヤノンフォトサークル会報誌10月号とフォトコン10月号の比較。
情報量は負けますがサイズがデカいので掲載されている写真は見ごたえあります。


内容はといいますと・・・
毎月冒頭を飾るのはプロの写真です。
どのように撮っているのか、ちょっとした読み物もあります。


その先はキヤノンフォトサークル会員さんの写真紹介もあります。
そして、合間合間にキヤノンの商品レビューも盛りだくさんです。
私のような貧乏人は赤い帯のレンズ(Lレンズ)のレビューを見るだけでワクワクします。
ただ、当然ですが、キヤノンの会報誌なのでキヤノンの商品レビューしかないのは寂しいですね!!
メーカー関わらず様々な情報収集を目的とするならこれじゃあダメでしょうね。


ただ、大きくて綺麗な写真を毎月沢山送り付けてくれるようなものなので、
何気に毎月の楽しみになります。
あと、毎月の被写体に合わせた撮影テクニックの特集があるのも面白いですよ。

DSC_0600AB.jpg



最新商品のモニターに応募できる

これで口説かれた的な所もあります。
会報誌に付属のハガキやウェブから20日間お試し使用の応募が出来ます。
ミラーレス/一眼本体各種とレンズのセット、高級レンズ単体、そしてプリンタまでモニター募集をしています。


キヤノン屋さんの店員さん曰く、
人気商品は大体倍率10倍くらい、そうでないものは6~7倍位で、
「一年間毎月応募し続ければ大体何か当たる感じです!」だそうです。
私も信じて毎月応募してます。


色々と割引を受けられる

修理代金が20パーセントOFFになります。
私がレンズクリーニングをお願いした際は、
「今入会すれば今回の御会計も安くなりますよ!」と落とされました。
何かしらでっかい修理を控えてる人は他のメリットとお金の兼ね合いを天秤にかけて考えてみては如何でしょう。


また、東京・大阪・名古屋で実施されている「EOS学園」なる写真講座の参加費も安くなるらしい。
例えば31,000円の講座が28,000円で、大体3,000円位安くなるらしいです。



「部活」に参加できる

キヤノンフォトサークルには被写体別に「部活」なるものが設けられています。
飛行機部・鉄道部・ポートレート部・生き物部・旅スナップ部・ペット部・花部・・・
たぶんこれで全部!


加入の手続きはなく、キヤノンフォトサークル会員であればOK!だそうです。
また、リアルでの活動に参加していなくても、ウェブサイト「キヤノンフォトサークルウェブ」では、
毎月各部活のフォトコンテストに写真を応募することが出来ます。
入選すれば先に紹介した会報誌で掲載されますよ!


マンスリーフォトコンにも応募できる

部活のフォトコンテストとは別に、毎月ジャンルフリーのフォトコンテストも開催されています。
こちらも、入選すれば講評付きで会報誌に掲載されます。
私も載ってみたいものですが、ちょっと私のレベルがついてってません^^;
人気写真家が毎月作品を選定されているようです。
今月は瀬戸正人さんでした。

12月は2017年度フォトコンテストの入賞作品集も届いた!

これはちょっと嬉しいサプライズ。
今月、会報誌太いな・・・と思ったらもう一冊入ってました!

DSC_0600AC.jpg


「第51回 キヤノンフォトコンテスト入賞作品集」
会報誌と同じでっかいサイズの冊子で、素晴らしいお写真を堪能できます・・・!ジュルリ


まとめ

色々サービスがあります。正直全部は使いません。
私の場合はまず会報誌読みたいなーから始まり、
モニター制度でフルサイズを使ってみたい!と思ったのがデカいです。EOS6D markII狙いです。
あとはセンサークリーニングのお会計のタイミングだったのでこのお会計も安くなるなら・・・
という感じで、入会を決めました。
皆さんも気になったポイントがあればご検討してみては如何でしょう~


以上、キヤノンユーザー向けの記事でした


CANON デジタル一眼カメラ EOS 6D Mark II BODY ボディ

価格:207,580円
(2017/11/23 00:02時点)





関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグクラウド

スポンサードリンク