記事一覧

【撮影記録】やっと富士山が姿を現した富士五湖・山梨旅行二日目!富士五湖・浅間神社等、撮影スポットも

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6584.jpg

富士五湖旅行、二日目にして久しぶりに富士山と再会する...!!



相変わらず撮影はタイムアタック

一日目はこちら。


朝です。
昨日の雲は嘘のように消え、富士山が朝からちゃーんと見えます。
さて、本腰を入れてカメラライフを楽しみたいところですが、
相変わらず同行者達は立ち止まっては写真を撮る私をそうそう待ってはくれません。
本当に本気で撮りたい写真に全力を注ぐため、
「ちょっと待って!!」はここぞという時にしか言えません。
お前と出掛けるとカメラばかりでつまらん、と機嫌を損ねられてはならんので、ほどほどに撮り、ほどほどについていきます。
今日もタイムアタック撮影だ、忙しくなるぜ


朝食前に河口湖畔をお散歩
ホテルの近くになかなか良いスポットがあります。
昨日昼と夜にポプラの木を撮ったあたりですね。

tizu2.jpg


マップでいうとこの辺。
ここから河口湖に写る富士山がイイカンジに撮れます。

IMG_6332.jpg
iso100 / f8 /1/160秒

振り返り際に秒で取った割には悪くないかと・・・
被写体の暴力です。


あと、ここから徒歩圏内にカチカチ山ロープウェイ遊覧船乗場があります。
セットでチケットも買えますよ。
ロープウェイに乗るとかなり高台から河口湖と富士山を見晴らすことが出来ます。

IMG_6391.jpg


ですが、個人的にオススメはロープウェイに乗ってる最中の風景ですね!
付近の山を見下ろして、河口湖が奥まで見えて、かかってる橋もキレイに見えるスポットです。

IMG_6397.jpg

ロープウェイのわずかに空いた窓から撮影。
山が色づいてて良きですね。

富士日記―山下茂樹富士山写真集

新品価格
¥1,980から
(2017/11/24 02:39時点)




河口浅間神社へ!

河口湖からほど近い、河口浅間神社
日本ではまだ王道の観光スポットではないようですが、
海外のガイドマップにはよく載っているようで、
各国から色んな方が訪れていて、めちゃくちゃワールドワイドです。
あ、そういえば今ここでオリピックやってるんだっけ?(大嘘)って感じです。

場所はこのへん↓
tizu4.jpg
(河口湖から20分程、途中道が狭いから気つけなはれ。)


何がそんなに人気なのかというと、
富士山と五重塔が一緒に写り込むフォトジェニック・スポットがあるからです。
特に春の桜シーズンが有名で、富士山・桜・五重塔!イッツジャパン!クール!な写真が撮れるそうです。


IMG_6549.jpg

今は秋なので、春なら桜のある足元もちょいと地味なので、富士山と五重塔をアップめに。


ちなみにこの神社、なにげに高台にあるので階段がわりと多めにあります。
同行していた母は途中で挫折しました。
年配の方はご注意を。とか言いつつふつーにヨボヨボそうなじーさんもしっかり登ってたがな!
あ、階段でいうと金比羅山の地獄階段ほどではないですよ。


IMG_6512.jpg

三好和義 富士山 極上の撮影術

新品価格
¥1,944から
(2017/11/24 02:40時点)




西湖で撮るぼんやり逆さ富士

さて、五大湖巡りに戻ります。
道をまっすぐ進み続けるだけで、富士五湖は全て堪能することが出来ます。
絶対に道に迷わないね!


西湖からの富士山を狙います。
水面に被写体が写るシンメトリーな写真を美しく撮るには、
水面に波が立ってないことが重要な条件になります。

この日は少し波立ってたし、付近でお子様方が水切りをして遊んでたので更に余計に波立ってました...!!
とはいえ、「その石ころ投げんのやめろやクソガキ!!」などと叫ぶほど私は鬼ではありません。
私の写真一枚より、お子さんの遊びの方が人類にとって大切な時間だと思うからです。

故に、こちらは撮影のテクニックで少しでも波を打ち消していきます。
さて、前回すっかり自宅に忘れてきてしまったNDフィルターの出番です。

Kenko NDフィルター PRO1D プロND8 (W) 52mm 光量調節用 252437

新品価格
¥1,664から
(2017/11/24 02:42時点)




知らない方にざっくり説明すると、レンズの先っちょに装着するサングラスみたいな物です。
明るい屋外だとiso感度を最小の100に設定してもシャッタスピードかなりの早さでますよね。
そんな中でも、あえてシャッタースピードを遅くしたい時はNDフィルターを使用します。
入ってくる光量がカットされるので、自然にシャッタスピードが遅くなります。


今回の場合は、NDフィルターを装着して撮影することで、
シャープな波の線を消し、少しでも湖を鏡面っぽく仕立て上げようという魂胆です。
出来上がったのがこちら。

IMG_6584.jpg
iso100 / f22 / ss0.8秒

比較用の画像がなく、分かりにくくて申し訳ないですが、
(強いて言うなら本記事最初の画像がシャッタースピード早い場合の水面の写りの参考になるかも)
早くシャッターを切るよりも水面が随分ふんわりとし、
逆さ富士のような何か・・・も形が分かりやすくなりました。


シャッタースピードを遅くするためにF値も22まで無理くり絞ってます。
もっと激しく減光出来るNDフィルターを持ってても良かったかもしれませんね。知らんけど

場所はここ!西湖の先っちょ、車停められますのでご安心を↓
tizu5.jpg

帰りに朝霧高原で光に包まれる

さて、富士五湖制覇しましたので、あとは帰り道ですが、ちらほらと観光地があります。
私は帰りに朝霧高原に寄りました。様々なお店があり、牧場でもあるのでソフトクリームがうまいうまい!

反時計回りに富士五湖を回って来れば、あえて避けない限り帰りに十中八九通るはずの場所です。
朝霧高原手前の一般道にはススキが群生している地帯があるので、
景色が良く、ドライブコースとしても最高です。


tizu6.jpg


さて、朝霧高原には開けた展望台があり、富士山がよく見えるのでおすすめなのですが、
また少しずつ雲を被ってきて、山頂しか見えず。。

IMG_6658.jpg

アップにするとなかなかいかつくてカッコイイです。
ここではパラグライダー体験もやっており、富士山逆側の山から、どこからともなくライダー達が次々に降ってきます。


面白い写真がたくさん撮れたので見てくれ。

IMG_6672.jpg

IMG_6647.jpg

DOM2BobV4AEu7IC.jpg

ひょっとこ。空にひょっとことか出てきた。

IMG_6687.jpg

なんかものすごい光の柱が現れたりもした。
このまま日が暮れて・・・暗くなったのでお写真はここまで。
大阪に帰ると夜の1時で、次の日は仕事が辛かったです。
最近旅行帰りいつもこんな感じですね。。

以上、富士五湖巡りをした旅行でした。
撮影スポットなど、ご参考にしていただければ幸いです。



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

タグクラウド

スポンサードリンク